私の書いたオリジナル小説およびSS等を乗せていくサイトです。
なお、このページはリンクフリーです。

とらハSNS

蒼香雪さん主宰でとらハSNSなるものが始まっております。
とらハのSS関係者によるソーシャルネットワーキングシステムですね。
ぜひ、読者の方も作家の方もご参加ください。
こちらのSNSで私の長編の連載を始めております。
タイトルは「とらハde鬼ごっこ」
気になりましたら、以下のページへどうぞ
http://thrss.p.cmssquare.com/

更新情報



内部リンク

小説を見る時は、こちらの内部リンクからどうぞ。

感想

SSや小説等の記事について感想がありましたら感想フォーム感想用掲示板に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この小説が気に入った方や感想があれば、下のボタンをお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

漢字バトン

 SIGさんからバトンが回ってきたので、答えることに。(笑)


■1.前の人が答えた(まわした)漢字に対して自分が持つイメージは?

 「淫」
 いや、どんな使い方しても「みだら」と言う意味しかないような気もするこの漢字。なんてものをまわしてくれるんだ。(笑)

 「耽」
 この漢字を見ると、少女漫画しか頭に出てこないですねぇ。お耽美お耽美。(笑)

 「姦」
 あまり良いイメージのないこの漢字。いろんな意味で使うだけでセクハラになりそうと言うのが私のイメージでしょうか。


■2.次の人に回す言葉を3つ。

 「公」「民」「政」


■3.大切にしたい言葉を3つ。

 「義」
 義を見てせざるは勇無きなり、と人として大切なことではないでしょうか。

 「夢」
 人が生きていく上で達成するしないは別として、これを持つと言う事は大切なことでしょう。

 「書」
 これについては私が本が好きだ、と言うところが来ています。それと、書が無ければここまで人の文化が発展することはなかったろう、と言う意味も込めてこの言葉を。


■4.漢字のことをどう思う?

 格好のいいもの。
 この一言に尽きます。適度に使うと文章が見やすく格好のいいものになるから皆使う。そういうことです。


■5.最後にあなたの好きな四字熟語を3つ教えてください。

 「威風堂堂」
 こういう風になれたらいいな、と言う夢のある言葉ですね。

 「大願成就」
 夢をかなえることが出来た、と言うのは素晴らしい事です。人生においてこれ以上の喜びはないでしょう。

 「唯一無二」
 こうなれれば幸せですね。おそらくは不可能なことでしょうが。


■6.バトンを回す人とその人をイメージする漢字。

 「水」
 poro、お前だ。(爆)
 いや、大した意味じゃないんですが、弱いのか強いのかわからない。そんな感じです。(謎)

この小説が気に入った方や感想があれば、下のボタンをお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/23(木) 12:28:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- 感想

 丁度昨日の日曜日ですね、タイトルの通りZガンダム劇場版を見てきました。なんというか、見るまでにこの場所が田舎なだけに色々な波乱がありました。
 まず4人で見に行ったのですが、10時半からの放映を見に行って見ると、満席で見られないと言う事態に。仕方なく、14時50分からの席の予約をしたのですが、ツレの1人がバイトの都合でその時間は見られないと言うことに。

 そして、そこは大学生。大人な対応です。
 袖の下からちらつかせた○○でもって、我々3人だけで見ることを了承させ、然る後に路地裏で(以下略)











 まぁ、そんな感じに波乱続きでありました。

 そして当の映画の方の感想なのですが、ストーリー内容的には95分三部作という中でかなり頑張っていたのではいでしょうか。
 TV版とは全然違う展開に結構新鮮味がありました。ですが、旧作画を使いまわしすると言うのはどうか、と。アレで全て新作画なら文句は何もなかった訳です。

 Zガンダムに出てくるキャラで私が一番好きなキャラは、年と声があってない人NO.1に輝くかもしれないハマーン様。しかし、今回の第1部には全く出てきません。仕方ないので、Zで2番目に好きなパプティマス様で我慢することにしました。
 全体的に出番は少ないのですが、相変わらず存在感は抜群でした。
 彼のセリフに一つ印象深かったものがあります、それが少しネタバレになるのですが、とある名前があるキャラが死んだ時に言ったセリフ――言葉が走った!?――です。
 このセリフが何とも彼らしいではないでしょうか?

 そして忘れちゃいけないのが、ロボットアクションですね。全体的に新作画の部分は凄かったのですが、特に後半の攻防はかなり格好の良いものでした。思わずDVDをノリで買ってしまいそうな程に。

 最後に全体的な感想なのですが、ガンダムが好きな人なら見る価値はあるかと。好きでなかったら見る必要は全くありません。そんな感じの出来です、察してください。



この小説が気に入った方や感想があれば、下のボタンをお願いします。
  1. 2005/05/30(月) 01:38:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アーケード業界の思わぬ業績

 前に少し書きましたが、最近のゲーム業界は今までにない不況を迎えています。この状況を打開すべく、と次世代機を楽しみにしていた訳です。しかし期待を裏切られそうな気が物凄いしてきた今日この頃ですが、皆様どうお過ごしでしょうか?

 ゲーム業界全体というよりむしろコンシューマ業界と言った方がいいのかもしれませんね。コンシューマとは逆に、アーケード業界は今かなりHOTな状況です。
 特に、ネットワーク対応ゲームが猛威を振るってますね。麻雀格闘倶楽部・クイズマジックアカデミー・アヴァロンの鍵、最近では三国志大戦でしょうか? かなりの業績と思われます。
 こんな感じに、ネットワーク対応ゲームをプッシュしましたが、私がやってるネットワーク対応ゲーム、実はBeatmania II DXだけだったりします。元々、私はオンラインゲームは好きではないもので…

 まぁ、その音楽ゲームも中々に好調です。特にギタフリ、ドラマニやポップン辺りの人気が色んな世代に出てきてますね。私の好きなビーマニが不調なのがアレですが。
 もう少しビーマニをプッシュしてもいい気もしますが、少し見た目がアレなのが受けない点なのでしょうか。私はつい最近まで、メタルバンドでドラムを担当していた経験もあり、こう感じるのですが、ギタフリやドラマニも私から言わせればとてもアレですね。
 だからと言ってビーマニがいいとはとても思えませんが。

 そして、マイナーながらも中々に業績を伸ばしてきているのはシューティングですね。
 最近好調な虫姫さまを筆頭に中々に健闘しているようです。私も中々に楽しませてプレイさせてもらってます。
 ツレに全国TOPレベルのシューターがいるせいで、私もシューティング好きになってしまいましたが、私はもともとアーケードでは格闘ゲームONLYの人でした。

 そして、当の格闘ゲームはと言うと――恐ろしいくらいに不況ですね。アーケード業界ではダントツに。確かにプレイ人口が一番多いことは確かなのですが、最近出てくる格闘ゲームが皆不作続き。しまいには元は同人ゲームであるMelty Bloodなるものが出てくる始末。

 上記のように、格闘ゲームの未来はないものとされています。だが、しかし。今度出る新作に新たな光を感じています。
 それは「北斗の拳」です。これにはやられました。
 空前のリバイバルブーム――少し時期は過ぎたような感はありますが――に乗って、最後にやってきた刺客。そう、それが北斗の拳。
 ぜひとも、アホのように作りこんで神ゲーにしてもらいたいものです。

 まぁ、ここまで中々意味のつながらない駄文を書きましたが、最後に何が言いたいのかというと、ゲーム業界もまだまだ捨てたものじゃないな、ということです。

この小説が気に入った方や感想があれば、下のボタンをお願いします。
  1. 2005/05/29(日) 00:58:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

SONYの所業

 次世代ハードの発表もそれぞれ済んで、後は少しずつ情報を開示していくと言う形になりそうです。
 特に今の時期はとても大切な時期でしょう。この時期は各会社共にどの程度の情報を出していくか、を要検討し発言を選んでくでしょう。
 しかし、そんな時期にまたSONYはやってしまった。彼に喋らせてはいけなかった。情報開示に対する検討は必ずしているのでしょうが、彼に喋らせてはその会議も意味がない。
 もうお分かりでしょう、彼とは誰か?










 株式会社ソニー・コンピュータ・エンタテインメント社長兼CEOの久夛良木健氏です。



 久夛良木社長はE3での発表に対してこう答えてしまいました。


「PS3はSCEIを設立した時に考えていた目標に、やっとたどり着いた製品です。我々はゲームをやるためにPlayStationを作っているのではなく、コンピュータの素晴らしいパワーをエンタテインメント、つまり娯楽に生かしたいと考えて会社を運営してきました。初代で3Dグラフィックチップを載せ、PS2ではエモーションエンジンを搭載した。PS3はゲームに偏ったアーキテクチャではありません。子供のためのコンピュータではないんです。我々の目標である、エンタテインメントのためのコンピュータと言う意味では、PS3のために1と2があったようなものです。」


 この発言はいささかまずいのではないでしょうか?
 まぁ、この発言を読まれている方が何人いらっしゃるかわかりませんが、視聴者が少なくとも、子どもを対象にしてないと発言するのはどうかと思われます。

 それは何故か?
 私が以前日記でいいましたが、これからのゲーム業界を支えていくに当たって、どうしても考えないといけないのは次世代を担う子どもたちだと思うんです。子どもたち抜きにしてゲームは語れない。そう思います。
 しかし、久夛良木社長は言い切りました。子供のためのコンピュータではない、と。

 と言う事は、PS3で持って何をしたいのでしょうね?
 ゲームではなくエンターテインメントのための娯楽ツール。私はそれをゲームと呼ぶのだと思っていたんですが、どうなんでしょうね?

 そろそろSCEI社員は気づくべきではないんでしょうか。久夛良木社長がいらないと言う事に。
 それとも久夛良木社長がリコールさせない為に声を出していえないような事をやっているのでしょうか?

 どちらにしても、この時期にこのような発言をするのはどうかと思ってしまいます。




この小説が気に入った方や感想があれば、下のボタンをお願いします。
  1. 2005/05/22(日) 05:14:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

PS3の仕様および、これからのゲーム業界(後半)

 はてさて、Xbox360、PS3だけでなく、任天堂の次世代ハード「Revolution」も発表されましたね。
 このハードについての主な特徴は、やはりそのコンパクトさでしょうか。DVDトールケースを3枚重ねただけの厚さとトールケースより少し長い程度のボディ。これはかなりの魅力ではないでしょうか。ほんとに見た目はただのDVDドライブにしか見えないんですけどね。小さすぎて壊れ安いという事が心配されますが、その点はおそらくは大丈夫ではないでしょうか。天下の任天堂です。子ども相手の商売はお手の物。見た目よりも意外と頑丈にできているのでしょう。

 しかし、心配されることが一つあります。DVD-videoに対応、そしてFC、SFC等の過去のゲームをダウンロードによりプレイすることが可能、というこれらの仕様についてです。

 何故心配なのか?どれもあって困るものでもなしに、と言った事を思われるかもしれません。それは私もそう思います。あって困るものではないし、ある事によりGCでは勝ち取れなかった世代のシェアを獲得できるかもしれません。

 では何を心配する必要があるのか。それは現在一番シェアを取れている世代、つまり子どもたちを置き去りにしているのではないか。
 任天堂もユーザーフレンドリーとは言え、企業です。シェアを沢山取るという理由を一番の理由に引っさげ、シェアを勝ち取りに行く。こういう事を思っても仕方がありません。
 ですが、敢えて私は任天堂に期待したかった。他の2ハードが凌ぎを削る中、ただただ子どもたちのことを一番に考える任天堂に期待したかったのです。
 そしてその期待は今回の発表で脆くも崩れ去りそうです。あの形状は本当に子どもたちを一番の対象としているのか?
 そんな事を思わずにはいられません。

 あくまでコレは私の意見でしたが、予想としてはどうか。おそらく今のSONYの縮退を理由にシェアを拡大させることに成功するでしょう。もしかすると、DQの参入を勝ち取れるかもしれません。だとすれば勝利は見えたものです。
 そして勝ち取れなかったらどうなるか――それも大丈夫。
 3つのハードの中でおそらく一番安定して売れるハードですから。



 ここまでこう語って来ましたが、任天堂の選択は正しいと私は思ってます。現在、ゲーム業界は段々と縮小化していっています。以前ほどの盛り上がりが、もはや影も形も見えません。
 親が子どもにゲームをさせたくない――そう思う家族も沢山いらっしゃいます。そう考えると、対象を子どもたちに標準を絞っても売れないかもしれない。そう予想することも仕方がないでしょう。

 ゲーム業界の縮小化と書きましたが。これは本当に著しいものです。今ではもう大作シリーズ物でしか安心して勝負ができない業界になってきています。新作は売れない――これが通説になりかけているのも確かです。
 だからこそ、今回の次世代ハードにはかなり注目しています。今回の次世代ハード戦線は企業間の争いだけでなく、ゲーム業界の存続にも関わっている重大なターニングポイントです。
 今回失敗すれば、コンシューマゲーム業界はもう終わりでしょう。そして、ゲームは今までの数あるおもちゃの歴史の中の一つにすぎなかった。
 そんな未来が待っているかもしれません。これだけは自分にとって一番避けたい事ですね。

 そんな中元気なのはアーケードゲームでありますが、これはまた別のお話。またの機会という事にして、この辺りで締めくくらせて頂きます。
 おそらくは、我々が生きている間は無縁の出来事なのでしょうが。

この小説が気に入った方や感想があれば、下のボタンをお願いします。
  1. 2005/05/19(木) 01:40:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ
TOPへ戻る


霧城昂

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Search

Category

Recent Entries

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Other

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。