私の書いたオリジナル小説およびSS等を乗せていくサイトです。
なお、このページはリンクフリーです。

とらハSNS

蒼香雪さん主宰でとらハSNSなるものが始まっております。
とらハのSS関係者によるソーシャルネットワーキングシステムですね。
ぜひ、読者の方も作家の方もご参加ください。
こちらのSNSで私の長編の連載を始めております。
タイトルは「とらハde鬼ごっこ」
気になりましたら、以下のページへどうぞ
http://thrss.p.cmssquare.com/

更新情報



内部リンク

小説を見る時は、こちらの内部リンクからどうぞ。

感想

SSや小説等の記事について感想がありましたら感想フォーム感想用掲示板に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この小説が気に入った方や感想があれば、下のボタンをお願いします。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

手のひらの中の奇跡 -恭也視点 第六話-

 ―4月12日―

 恭也視点 第六話










 机の上の物を鞄の中に詰め込む。周りを見渡すと同じように帰る用意をしている者や、授業終了の疲れを癒すように背伸びをしている者もいる。


 ――今日は収穫があった。槙原先生が警戒すべき人でなくて安心だ。


 自然と自分の顔が穏やかになっているのを感じる。何故か俺は彼女が犯人でなかった事に喜びを覚えているようだ。
 机の中を覗き込み、もう何も忘れ物が無いことを確認する。
 赤星の方に目をやると、ヤツも同じく帰る用意が整ったところ――もっとも赤星はこの後部活があるので一緒に帰ることはできない訳だが――のようだ。赤星の方も同じようなことを考えたのか、俺の方を見ると、また明日、と挨拶をくれて教室を出て行った。
 爽やかな笑顔を張り付かせて部活に向かう様はなんとも赤星らしく、つい先程まで沈んでいただけにうれしく思う――やはり赤星はこうでなくてはな、と。

 そして、もう一人隣の席にいる友人はというと、ようやく眠りの世界から目覚めたようで、眠そうな目を瞬かせて背伸びをしているところだった。
 そんな月村に何時ものように別れの挨拶を言って帰ろうとも思ったが、何故か今日は持ち上げようとした鞄を手から離して彼女に話しかけることにした。


「眠そうだな」

「うん、昨日ちょっと徹夜しちゃってね」

 眠そうな声で月村はそう答える。


「徹夜するのは勝手だが、ほどほどにしておけよ。寝てばかりいると勉強に差し支える」

「それを高町くんから言われたくないなぁ。まだ先だけど、今度の中間勝負してみる?」

「――それはやめておこう」


 戦う前に逃げるのは俺の信条に反するが……勉強ばかりは事情が異なる。もしそんな約束をすれば授業中常に起きておかねばならず、勉強漬けになってしまう。それだけは避けたい。
 俺の答えを聞いて、ケラケラと笑う月村の頭を軽く小突いた。そして鞄を持って立ち上がった。


「そろそろ帰らないか? あまり遅くなると面倒だ」

「あぁ、そうだね。たまには門のところまで一緒に行こうか」


 俺は頷き、月村の帰る用意が済むのを待ち、一緒に教室を出た。
 こうして二人で歩いていると昼休みの時にも感じた、何か穏やかな空気が流れる。この空気はやはり今まで学校に通っていて、一度も感じたことのないモノだった。
 何を語るでもなく、ただ肩を並べて歩いているだけなのだが、自然と二人の間で笑みがこぼれる。そんな空気を俺は心地よいとすら感じていた。

 昇降口まで辿り着き、お互いそれぞれの下駄箱から靴を取り出し履き替える。後はここから正門までの距離だ。


「そういえば高町くんて、赤星くんと付き合い長いんだね」

「あぁ、奴とは中学時代からの腐れ縁だ。そして何故かずっと今日まで同じクラスだった」

「ふふ、何かいいね。そういうのって。私は友達ずっといなかったからなぁ……そんな経験したくてもできなかった」


 開いた下駄箱のふたを閉めながら、月村はそう言った。


「それなら大丈夫だ」


 月村が下駄箱に手をかけながら驚いた顔をこちらに見せる。
 俺は自分の顔を見られるのが嫌で、月村の横を通り過ぎ扉のところで立ち止まった。


「同じクラス、というのは無理かもしれないが……友達という部分なら、これがそうじゃないのか?」

「―――ッ」


 言った途端自分の頬が熱くなるのを感じる。早く何か反応してくれないだろうか、でないと余計に辛い、そう思った時だった。


「――うん。そうだね……まだ遅くないんだよね」


 先程の沈んだ声と比べて幾分か明るくなった声でそう返してくれた。


「あぁ、だから早く帰らないか? 今日は終わるが明日からも同じ日々がやってくる」

「うん、そうだね」


 月村がこちらに一歩一歩こちらに歩いてくる気配を感じる。それに合わせて俺は少しばかり遅い速度で前に足を踏み出した。


「―――ッ!?」

「じゃ、帰ろっか。高町くん」


 月村は俺の右腕に自身の左腕を通し、俺を少し引っ張りながら前に歩いていく。俗に言う、腕を組んだ状態だった。


「ほらほら。早く早く」


 先程よりも更に頬が熱くなっているのを感じる。だが、傍らの月村の笑顔を見るとこれを無理矢理解く訳にもいかなかった。幸いピークを逃れており、周りの下校生徒の数は余り多くない。俺はそれを確認すると、この状況を諦めて月村に付き合うことにした。恥ずかしいことには変わりない訳であるが。


「月村? 腕を組むのは別に構わんのだが、もう少し離れてくれないと歩きづらくて仕方ない」

「忍ちゃんは別に歩きづらいなんて事はないから大丈夫」


 俺はこの状況の改善を諦めることにした。正門まではさほど遠くない。俺の心臓はますます高鳴る一方だが、オーバーヒートする心配はせずに済みそうだ。
 傍らにいる月村は実に楽しそうに歩いている。俺はその顔を見て思う――まぁ、こういうのもたまにはいいか。

 やがて俺たちは正門へと辿り着いた。月村は名残惜しそうに俺の手を離した。


「ここまでだね。わたしはこっちだから……それじゃ、また明日」

「あぁ」


 片手を挙げながらそう言うと、月村は俺とは反対方向に半ば駆け足気味に向かっていった。そして月村の姿が角の向こうに消えたのを見て、俺は反転し家へと帰ることにした。
 数歩足を踏み出したところで俺は強烈な違和感に襲われた。


 ――なんだ……? 何故か今こちらに進むと後悔しそうな……そんな予感がしてならない。


 背後を振り返ると、そこには下校途中の生徒の姿をちらほら見かける。


 ――俺の気のせいなのだろうか。


 俺の見た風景は普段通り、風芽丘の下校風景に他ならない。やはり違和感はただの気のせいだったのだろう、と結論付け、帰ろうと後ろに振り返ろうとした時だった。


 ――え……? もしかして……


 違和感の正体に気付き、再び月村の帰った方向に再び視線を送ると、その予感はやはり正しかったのだ、とわかった。


 ――月村の帰った方向に向かう生徒が一人もいない……?


 普段なら見過ごすべきことなのだろうが、今日に限って何故かそれがとても重要なことに思えた。俺は自分の予感が間違いだったことを確かめる為に、月村が曲がった角まで一気に駆け抜け、曲がり角の先を凝視した。
 そこには……


「月村ァッ!!」


 二十メートル先で月村がぐったりした様子で黒いスーツを着た男たちに車に詰め込まれているところだった。
 景色がモノクロに変わり、全身の毛がまるで逆立っているような感覚に襲われる。俺はその世界の中をゆっくりと前に駆け出す。空を飛ぶツバメはゆっくりと少しずつ前へ前へと進んでいる。俺はそれより少しばかり早い速度で月村の下へと急いだ。


 ――クッ……間に合えぇ!!


 だが、男たちは全員車に乗り込んでしまう。距離は後半分。


 ――間に合うか! 間に合え、間に合え、間に合えぇ!!


 膝が軋むが構わず前に足を進める。少しずつ世界は色を取り戻し始める。そして、車の扉が閉められた。


「―――ッ」


 俺は間に合わないと悟り、飛針を投げつける。しかし、何かコーティングでもしているのか、それらは後輪に弾かれた。
 そして世界が色を完全に取り戻した時、車は今までのスローモーションな世界が嘘のようにあっという間に走り去ってしまった。
 俺は痛む膝をも構わずに全力で走り続けるものの、車の速さには勝てるはずもなく、やがて車の背すら見えない距離まで離されることになった。


 ――俺は……俺は……


 やがて追いかけることも諦め、俺は動かし続けていた足の動きを止めた。まるで今の状況を掴む事ができないが……俺は彼女を守ることができなかったのだ。


「―― 一体、奴らは何故月村を」


 月村が襲われた理由について考えてみようとするが、そんなことをしても月村がさらわれたことには変わりない。
 両手を堅く握り締める。それが限界を超えようと関係ない。それは俺に対する罰ならば軽いものであろう。


「――間に合わなかったか」


 背後から聞き覚えのある声が聞こえてきた。振り返ってみると、やはりそこには槙原先生の姿があった。


「槙原先生?」

「いや、すまない。まさかボクのクラスから犠牲者を出してしまうとは……これはボクの責任だ」

「いえ……気付けなかった俺の責任です。すぐ近くにいるのに……俺は月村を助けることができなかった」


 槙原先生は俺の言葉を聞くと、タバコを取り出しそれに火をつけた。


「君が気に病むことはない。これは私の勘だがね。おそらく彼女を助けることはできる」

「――というと?」

「本来ならば部外者を巻き込むようなことはしたくないんだが……今の君の動きを見る限り、足手まといになることはなさそうだ。それに、今は協力者が欲しかったところでね……どうだい? ボクの手伝いをしてくれないか?」


 槙原先生は暗に協力しないと詳しいことは話せない、と言っているようだ。佐藤の調査では槙原先生は警察機関に協力している人だ、とのこと。ならば彼女についていけば月村の居場所を知ることができるのではないだろうか。


「一晩、考えさせてもらってよろしいでしょうか?」

「あぁ、気の済むまで考えてもらって構わないよ。ボクの素性はおそらく察しが付いているだろうから敢えて言うことはしない。ま、それも含めてYesと答えてくれればその時に教えるさ。じゃ、今日は気を付けて帰りな。ボクはもう少し仕事があるからね」


 それだけ言うと、彼女は背を向けて学校の方に戻って行った。
 先生には、一晩考えさせてくれ、と答えたが、俺の答えはすでに決まっているも同然だった。後は心の整理だけだ。今のこの心の荒れ様では俺自身に対しても、俺の剣に対しても失礼にあたる。

 俺は一つため息をつき、大空を見上げた。遠く西の空ではすでに赤く染まっていて、それがまるで月村を暗示しているようで、それを見続けることは俺にはできなかった。












この小説が気に入った方や感想があれば、下のボタンをお願いします。
[手のひらの中の奇跡 -恭也視点 第六話-]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2005/12/31(土) 19:29:55|
  2. とらいあんぐるハートSS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

手のひらの中の奇跡 -リスティ視点 第七話-

 ―4月12日―

 リスティ視点 第七話












 時計を見る。時間は八時十五分。一時間目の授業までは時間がある。
 コーヒーでも買いに行こうとも思ったが、今は誰かに思考を邪魔されたくないのでやめておくことにした。
 問題は昨日の越野の言葉である。
 ボクは昨日の報告の時のことを思い出すことにした。











 越野の部屋の扉をノックする。するとコンコンと言う音の後すぐに、どうぞ、という声が返ってきた。ボクはノブに手をかけ、扉を開いた。


「失礼します」

「ああ、待ってたぞ」


 越野は机の上から視線をそらさず、そう返してきた」


「で、何から報告したらいい?」

「もったいぶるな。どうせ重要なことは何も起きなかったろう」


 ボクはその言葉に少しむっとしたが、事実なので何も言い返すことはしなかった。そうして黙っていると、越野はにやりとした表情でこちらに視線を向けた。


「気にするな。その事でお前を責めている訳じゃない」

「ボクがそんな細かい事を気にするような繊細な人間に見えるかい?」

「ククク……そうか、悪かった。俺の負けだ。でもま、そんな事を言いたかった訳じゃない」


 すると越野は急に真面目な顔をした。
 ボクはその顔にピンと来るものがあった。


「――何かわかったのかい?」

「その大事な部分をぼかす言い方……実にお前らしい。そうだ。お前の思っている通り、例の事件についてわかったことがある。


 越野は今ボクにとって一番知りたかった情報を提供してくれるようだ――まぁ、そうでなくてはこんな仕事やってられないのだが。


「いいね。丁度どこから調べようか迷ってたところだったんだ。そういう情報は素直に嬉しいね」

「ま……嬉しい情報かどうかはお前が判断しろ」


 胸元からタバコを取りだし、それを口にくわえる。そして、それに火をつけた。


「タバコ吸ってもいいかな?」

「聞く前から吸うな、馬鹿者。ま、時代の流れか禁煙場所か多くなってる。そんなお前の気持ちはわかるつもりだ。俺はタバコ吸わないが、ここは禁煙にはしていない。好きに吸うといい。大体、禁煙ブームなど愚の骨頂だ。タバコ税がどれだけ国力に影響していると思っている」

「……喫煙者にとってはありがたい申し出だけど、肝心の話はどうなったんだい?」

「おっと、悪い。では話すとしよう」


 そう言うと、越野は机の上の書類を手に取り、渡してくれた。


「山口和男……これは?」

「見ての通り、戸籍謄本だ。そこの名前に見覚えのある名前がないか?」

「見ての通りって……ボクはこんなのあまり見たことないんだけどね――ん?」


 越野に手渡されたそれを見ていると、そこに見覚えのある名前が書いてあった。ボクはその見覚えのある名前に疑問を持った。


「そう……山口秀二。お前が感じた通り、風芽丘学園生徒会長佐藤秀二だ」

「へぇ……でも今時親がいなくなって名字を変えるなんてざらだろ? これだけなら何も問題はないはずだ」

「それだけならな」


 こぼれそうになった灰を携帯灰皿に落とし、再びくわえなおす。タバコから漂う煙はゆらゆらと天井へ昇っていく。


「では、山口和男という名前に覚えはないか?」

「ん……覚えがないね」


 記憶を洗ってみても、そんな名前を聞いた覚えは無かった。


「能力と一緒に記憶まで失ったのか? それともただの鳥頭か?」

「そうだ。その事で文句を言うのを忘れてたよ。何でその時教えて――」


 今朝感じた越野への文句を思い出し、全てここでぶちまけようと思った時だった。


「指定暴力団山口組の……先代組長だ」

「――――え?」


 それこそ本当に予想外の単語が飛び出してきたのだ。


「思い出したか? お前も知っての通り、山口組は日本最大の指定暴力団で構成員は延べ何万人になるかわからない」

「あぁ、思い出したよ。確か山口和男の死後、彼に跡継ぎがいなかった為、同じ傘下の組の組長に座を明け渡したんだったね」


 それを考慮に入れるととんでもない事になる。佐藤秀二は完全な潔白でなく、その線で突き詰めれば完全に黒という事になるからだ。
 ただ、その事について少し疑問が沸く。


「確かに、これは今回の事件について重要事項だろうね。でも――なんでその事実に気づいたんだい?」

「ふむ、それがね」


 越野の顔がにやりと歪む。その仕草だけでボクは越野の言わんとするところがわかってしまった。


「何時もの勘かい?」

「わかってるじゃないか。ま、今回は勘だけじゃない。以前お前を襲ったチンピラの素性がわかった。あいつらは隣町の春日組の組員だ――下っ端のな。そして、春日組は山口組の傘下も傘下。先代組長山口和男の懐刀だった近藤直哉。春日組は彼が組長を勤めている弘田組の傘下だ」

「――――」


 確かに、ボクの前に座っているのはテロ屋対策本部長様。その本部長様がカンとは言えボクにまわして来た案件だ。このような可能性も考慮してあった。だがしかし……


 ――これは予想以上にやな雲行きだね……ホントにテロの可能性が出てきたじゃないか。


 くわえていたタバコを灰皿に押し付ける。後半はまったくタバコの味が感じられなかった。それどころか、少し不味いとも感じた。


「もう言わなくてもわかると思うが。佐藤秀二をチェックしろ。ほぼ彼が犯人だと思って間違いないだろう」

「この事件と風芽丘で起こってる事件が同じ犯行だとは断定できてないじゃないか。それはまだ早計じゃないのかい?」

「お前は本当にそんなくだらない事を考えているのか?」


 確かに彼はボクを助けてくれた。しかし、つい先程潔白すぎるのが信用できないと思ったばかりではなかったか?


「チンピラと佐藤秀二の間にこれほどの関係がある。これはほぼ決まりだろう」

「――確かにそうだね」


 越野の言う言葉に嘘偽りはない。彼の勘は恐ろしいほどに当たる。その上今回は理論付けられた根拠がある。後重要なのは彼を捕まえる為の証拠だけだ。


「――だがね……一つ俺には腑に落ちない事があるんだ」


 そして、越野は予想外の言葉を口にした。


「え? 何か今の事実に問題があるのかい?」

「そういう訳ではないのだが。つまりな……なんで佐藤はお前を助けたのか、だ」


 ――新たな事実に今の今まで忘れていたが、ボクもその事については疑問に思っていた。彼が犯人なら、わざわざ助けずにそのまま拉致してしまえばいいだけの事。何故わざわざ危険な真似を犯したのか、だ。


「ま、それについての推測はできるがね」

「ただ、確証はできない、と」

「そういう事だ。そんな事は証拠を挙げて捕まえてしまえばいいだけのこと。二の次だ」

「ま、同感だね」


 越野は疲れた顔をすると、再び椅子にもたれ首を後ろに傾ける。その姿にボクは苦笑し、報告は終わったので帰ることにした。










 思い出しただけで少し頭痛がする。やはり何か飲み物を買ってくるべきだったようだ。


 ――さて、どうしたものかな……


 何とかして佐藤に気づかれずに捜査をしなければならない。しかし、彼はこの学校の生徒会長。彼の学校内の情報網は侮れないものがある。彼に気づかれずに捜査――彼の証拠を突き詰める――する事は至難の技だ。そして問題点はもう一つある。


 ――能力が使えないのは痛すぎる。


 あるのとないのでは天と地ほどの差がある。ボクがこの仕事をやっているのもこの能力があるからだ。それが無ければボクは一般人となんら変わりない。だからこそ、慎重にこの事件に取り掛からねばならない。
 そこまで考えた時、一ついいことを思いついた。


 ――もしもの為に助っ人を用意しておこうか。


 そう、腕のいい助っ人を用意しておけばもしもの時は能力が無くても何とかなる。そこで助っ人について考えてみた――だが、そんな都合のいい助っ人が近くにいる訳でもなく、その計画は早めに頓挫することとなった。


 ――できれば、うちの連中には内緒にしておきたいしね。


 問題はまだまだ山積みのようだ。どのように佐藤を追い詰めるか――とりあえずは何度も接触するしかないのだが。
 どこまで考えた時、周りの様子が騒がしいのに気がついた。時計を見ると、すでに時間は五分前を指している。考えにふけりすぎたようだ。


 ――佐藤が何を考えているかわからないが……


 次の授業の用意をしながらボクは思う。ボクは善人ではないが、そんなボクにも許せない事はある。佐藤のやっている事はまさにそれ。必ず捕まえてやる、そう心に刻み、職員室を後にした。











この小説が気に入った方や感想があれば、下のボタンをお願いします。
[手のひらの中の奇跡 -リスティ視点 第七話-]の続きを読む
  1. 2005/12/14(水) 02:17:23|
  2. とらいあんぐるハートSS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

TOPへ戻る


霧城昂

11 | 2005/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Search

Category

Recent Entries

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Other

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。